意外にシンプル?世界的スノーボードカメラマンの持ち物9選

スポンサーリンク

たくさんの良い映像を生み出すスノーボード写真家がどんな装備で雪山に入っているのか気になりますね。スノーボードフォトグラファーとして活躍するJames Bryantさんの雪山撮影時の持ち物が公開されています。

スノーボードカメラマンの持ち物

Nikon D500

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ
(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
使用しているカメラはニコンのD500というカメラです。

レンズ

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II フルサイズ対応
(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
レンズをたくさん持っていく印象がありますが、彼は70-200mmのレンズ一本で山に入るようです。これ一本でどんな状況にも対応できるということなんでしょうね。

2組の手袋

撮影の時に、手がかじかまないようにいつでも使えるウール製の手袋とスノーボードでも使える頑丈な手袋を持っていくようです。

ゴーグル

ゴーグルには、なんとレンズを3枚用意しているようです。天候に合わせて対応できるようにということです。レンズの種類はイエロー、ブラック、ミラーといったところでしょうか。

トランシーバー&スマートフォン

ライダーとの連絡手段にはトランシーバーをつかい、緊急連絡用にスマートフォンを持っていくようです。バッテリー切れには気をつけないといけないですね。

アバランチギア(雪崩三種の神器)

バックカントリーでの撮影だと、ショベル、プロープ、ビーコンのアバランチギアは欠かせません。

外付けハードディスク2つ

LaCie ポータブルHDD 2.5インチ Rugged Triple USB3.0 FireWire800対応 2TB LCH-RG020T3
(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
一つはオリジナルデータ用でもう一つがバックアップ用に2つのハードディスクを持って行きます。衝撃を吸収する。耐衝撃の頑丈なものをケースに入れてデータを保護しています。

カメラのレインカバー

NEEWER® カメラのプロテクター 防雨カバー Canon Nikon Sony Pentax Olympus Fuji とほかのデジタル、SLRカメラと200mm以内のレンズ:Canon kiss X7 X6 X5 T3 XT X 60D 50D 7D 5D Nikon D7100 D7000 D5200 D5100 D5000 D3200 D3100 D810 D800
(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
水分が大敵のカメラにとって、雪山での撮影は過酷な撮影環境と言えます。カメラレインカバーで雪が入らないように防御。

Nikon FM2

デジタルカメラではなく、35mmのフィルムカメラも持っていくそうです。時々こういうカメラで撮影がしたくなりますね。