GoProを超えるか?1200万画素のソニーExmor RSセンサを搭載したフルHDアクションカム『ISAWエクストリーム』が発売

スポンサーリンク

雪山でのアクションカメラの利用率は年々上がっていますが、スキー場に行くと現状GoProの独占状態です。そんなアクションカメラ業界に一石を投じることになりそうなフルHDアクションカムが登場しました。



それが、1200万画素のソニーExmor RS CMOSセンサによるフルHDビデオ撮影が可能な、フルHDアクションカム『ISAW Extreme』(アイソウ・エクストリーム)だ。コンパクトながら、フルHD高速ビデオ撮影、水深60mでの撮影など多彩な機能を搭載しています。

プレスリリースを読むと以下のような特徴があるようです。

本製品の性能の要となるカメラ部分には、ソニー製「Exmore RS」CMOSイメージセンサーを採用し、小型でありながら昼夜問わずきれいな映像を記録することが可能になりました。また、アクションカムが利用されるアウトドアの過酷な環境条件にもしっかりと対応するIP68相当の防塵・防水ケースも標準装備し、60メートルの水中においても問題なくお使いいただけます。
 また、高速撮影性能については、フルHDサイズで毎秒60フレームを実現。HDサイズでは毎秒120フレーム、WVGAサイズでは毎秒240フレームもの高フレーム撮影が可能です。

1.高画質、広角撮影を実現
本製品のために開発されたF2.4の明るいレンズとソニー製CMOSセンサーにより、昼夜問わずきれいな映像の撮影が可能に。また視野角は、従来比1.1倍、最大150°の広角撮影が可能になりました。

2. 超高速撮影
高性能CPU搭載により、写真撮影では1秒間で最大11枚のバースト撮影が可能です。ビデオ撮影においては、フルHD(1080p)サイズで最大毎秒60フレーム、HDサイズ(720p)においては、最大毎秒120フレームにて撮影が可能です。この超高速撮影機能により、激しい動きのある場合においてもなめらかな映像を撮影することができます。WVGAサイズ(848×480)では、最大毎秒240フレームの撮影が可能で、1/8倍速のスローモーション再生が楽しめます。

3.スマートフォンによる快適な操作性
iPhoneシリーズやAndroid端末に専用のアプリをダウンロードしWi-Fi接続することで、大きな画面を持つスマートフォンによるリモート操作が可能になります。本機のモード設定や記録映像の再生、写真撮影が可能です。

4. 水中でもキレイに撮れる撮影モード(アクアモード)
本体には水中撮影に適した撮影モードを搭載しており、水深に応じた色調補正を行うことでより鮮明でキレイな色合いを再現することができます。また、IP68相当の性能を持つ専用防水ケースを同梱していますので、水深60mまで深く潜り撮影することができます。

5. さまざまな用途で楽しめるアクセサリーを標準セット
防水ケース、オープンケースや各種マウントキットを標準で同梱しており、自転車、バイク、スノーボード、サーフボードからダイビングまで、買ったその場から、さまざまな用途でご利用いただけます。ほとんどの用途において、アクセサリーを買いそろえる必要がありません。
 

 スペックだけ見るとGoProをしのぎそうな感じですが、こればっかりは実際とってみないとなんとも言えないのが正直なところです。しかも、GoProと価格的に差があまりないので、厳しい戦いになりそうな予感がします。

ただ、アクセサリーが標準装備されているのはポイントが高いですね。GoProの場合、アクセサリーで結構使ってしまいますからね。

シーズン前でただでさえ来シーズンのギアの選択に頭悩ませているのに、さらにまた悩みが増えてしまいますね。

デザイン的な差はあまり感じられません。
isaw_ex_PR_01

isaw_ex_PR_04
アクセサリーは相当充実していますね。
isaw_ex_PR_05
[フルHDアクションカム ISAW Extreme