ソニーが激しいブレにも強いアクションカム「FDR-X3000」と「HDR-AS300」を発売

スポンサーリンク

ソニーは、レンズユニットを新たに開発することで、アクションカムに「空間光学ブレ補正」機能を初めて搭載し、動きの激しいブレを抑えて高精細な4K(3840×2160)動画を撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム「FDR-X3000R」とフルHD対応モデル「HDR-AS300R」の2モデルの発売を開始しました。
ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー「FDR-X3000R」※ライブビューリモコン同梱モデルアクションカム FDR-X3000R
(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ハンディカム譲りのブレ補正をアクションカムに


ソニーのハンディカムといえば、手ブレに強いことで有名ですが、そのハンディカム譲りの「空間光学ブレ補正」機能を追加することで、激しいブレを抑えて撮影が可能になっています。コンパクトなアクションカメラでは、これまでブレ補正機能を搭載するのは難しいとされてきましたが、ソニーの新しいアクションカムでは、コンパクトなボディに「空間光学ブレ補正」機能を搭載することに成功しました。レンズとイメージセンサーが一体となって動き、ブレを補正するため、スキーやスノーボードなどのスポーツやレジャーなど幅広いシーンで、高画質のまま安定した動画撮影を楽しめます。

新開発のレンズで高画質撮影を可能に

解像力・コントラスト・色再現性に優れた新開発のZEISSテッサーレンズを両モデルに搭載。ZEISSテッサーレンズは広角レンズでありながら画面周辺部の歪みを軽減し、自然な映像を実現しています。

水にも強い

雨の日でも使える本体防滴性能を備え、さらに水深60mまで水中撮影可能なアンダーウォーターハウジングも同梱されています。ハウジングは特別に設計された平面レンズにより、水中でも画面の隅々までクリアな撮影が可能です。

両モデルとも6月24日より発売されています。

FDR-X3000 | デジタルビデオカメラ アクションカム | ソニー

HDR-AS300 | デジタルビデオカメラ アクションカム | ソニー