ソニーが「ブレに強い」アクションカムのエントリー機「HDR-AS50」を発表

スポンサーリンク

ソニーは、アクションカムのエントリー機として、「HDR-AS50」を3月4日より発売開始すると発表しました。ソニーストアでの発売価格は税抜24,880円、ライブビューリモコンキット付属の「HDR-AS50R」は税抜39,880円となります。

ソニー メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応フルハイビジョンアクションカム(ライブビューリモコンキット) HDR-AS50R

「HDR-AS50」はこれまでのモデルに搭載されているブレ補正機能が採用されており、エントリー機といえども、ブレを抑えた安定した映像を記録できます。有効画素数約1,110万画素で撮影可能なソニー独自のイメージセンサーExmor R CMOSセンサー、高性能な画像処理エンジンBIONZ X、ZEISSテッサーレンズの採用により、高画質な映像撮影を実現しています。

ソニー メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応フルハイビジョンアクションカム(ライブビューリモコンキット) HDR-AS50R
1080/60pのフルHD撮影に対応しているため、スキーやスノーボードなどの速い動きもなめらかに撮影することができます。また、XAVC Sフォーマットにも対応することで、約50Mbpsでのハイビットレート撮影が可能。

ソニー メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応フルハイビジョンアクションカム(ライブビューリモコンキット) HDR-AS50R
今回付属の防水ハウジングも現行の5mから60mまでに大幅にパワーアップしている。これまでのソニーアクションカムに使われてきた白色のボディではなく、黒のボディとなっています。

また、モバイルバッテリーからの給電も可能になっているので、雪山でのバッテリー切れで良い映像が残せなかったユーザーにとってはうれしい機能です。

HDR-AS50 | デジタルビデオカメラ アクションカム | ソニー