トラビス・ライスのアラスカライディング「Ep. 4 – Alaska: The Reciprocal Loop」

スポンサーリンク

トラビス・ライスのアラスカでの春のバックカントリーライディング。トラビス・ライスの最新ムービー「The Fourth Phase」よりその撮影時の様子を紹介するスピンオフ企画「GoPro: The Fourth Phase with Travis Rice」の第3弾「Ep. 4 – Alaska: The Reciprocal Loop」がGoProより公開されました。

山の頂を歩くトラビス・ライスが偶然分水嶺を見つけます。そんな細い所に乗った雪の上を歩いていて平気なのかと思いますが、雪山を知り尽くしたトラビス・ライスは余裕のようです。そこから一気にノートラックパウダーを滑り降りるところからムービーはスタートします。

今回の撮影には、トラビス・ライスが一目置くライダーのVictor de Le Rueが参加しています。Victor de Le Rueは、トラビス・ライスが諦めたラインを果敢に攻め、見事にライディングし、彼を驚かせています。

トラビス・ライスからアラスカの最高のスポットを一緒に滑らないかと誘われたVictor de Le Rueは、自分が選ばれた事を感謝しているようですが、トラビス・ライスによると彼のスキルや表現力を考えると必然だったようです。

互いに最高のライディングをした時には純粋に褒め会える関係性が素晴らしいですね。

最後にトラビス・ライスが挑戦したラインは、滑り出す前にクルーから雪の状態がかなり危険という情報が入ってきていましたが、彼は雪の状態をしっかり把握して、完璧にライディング。さすがとしか言いようがありません。

トラビス・ライスはムービーでこう言っています。

努力を重ねて精力をつぎ込む、何かに本当に集中して、良い仲間と仕事をする。
そうやってラインをものにし、この時間を持ち帰ることができるのは、いつでも新鮮です。

どこまでもストイックで、仲間を大切にするトラビス・ライスらしいコメントですね。

The Fourth Phase with Travis Rice

「The Fourth Phase」の本編はiTunesで見ることができます。
ザ・フォースフェイズ (字幕版)