マックアースより7月1日に発売開始となった2016−2017シーズン券のまとめ

スポンサーリンク

7月に入り、スキー場では2016−2017シーズに向けた動きが少し出てきました。国内最大の35スキー場を運営するマックアースからは、7月1日(金)より「マックアース30」「関西8」「兵庫5」の3つのシーズン券の発売が開始されました。今回はそんな3つのシーズンパスを紹介したいと思います。

「マックアース30」シーズン券

macearth30こちらのシーズン券ですが、なんと国内32のスキー場で利用が可能です。発売期間は、7月1日から10月31日までですが、限定4,000枚となっており、限定数に達し次第販売終了となります。料金は、購入時期に応じて異なっており、7月1日から7月31日までの「超早割」期間に購入の場合、大人55,555円、子ども(中学生以下)25,250円となっています。

利用可能なスキー場は、北海道から兵庫までの32スキー場となっています。

マックアース30 利用可能スキー場一覧

  • スノークルーズオーンズ
  • ピリカスキー場
  • 猪苗代スキー場
  • 沼尻スキー場
  • 会津高原南郷スキー場
  • 会津高原高畑スキー場
  • 箕輪スキー場
  • 神立高原スキー場
  • 斑尾高原スキー場
  • 黒姫高原スノーパーク
  • Mt.KOSHA X-JAM高井富士(やまびこの丘)
  • 白馬さのさかスキー場
  • エコーバレースキー場
  • Mt.乗鞍スノーリゾート
  • おんたけ2240
  • 信州松本野麦峠スキー場
  • 高鷲スノーパーク
  • ダイナランド
  • 鷲ヶ岳スキー場
  • ホワイトピアたかす
  • ひるがの高原スキー場
  • チャオ御岳スノーリゾート
  • 国境高原スノーパーク
  • 箱館山スキー場
  • 今庄365スキー場
  • ばんしゅう戸倉スノーパーク
  • ちくさ高原スキー場
  • おじろスキー場
  • 氷ノ山国際スキー場
  • 神鍋高原万場スキー場
  • ユートピアサイオト
  • 芸北国際スキー場

マックアース30 シーズン券

関西8シーズン券

kansai8今庄365スキー場がグループに加わり、昨シーズンの関西7から一つスキー場が増え「関西8」として発売されます。今庄365スキー場は、2016-2017シーズンよりスノーボードが解禁され、人工降雪機によって11月26日のオープンを予定しています。料金は、7月1日から8月31日までの超早割期間の購入で大人全日券が39,800円、大人平日券34,800円となっています。9月1日から11月30日までは早割期間となり、大人全日券42,800円、大人平日券が37,800円となっています。12月以降は通常料金にて販売されます。

関西8シーズン券 利用可能スキー場一覧

  • 国境高原スノーパーク
  • 箱館山スキー場
  • 今庄365スキー場
  • ばんしゅう戸倉スノーパーク
  • ちくさ高原スキー場
  • おじろスキー場
  • 氷ノ山国際スキー場
  • 神鍋高原万場スキー場

マックアース関西8 共通シーズン券

兵庫5シーズン券

hyogo5マックアースグループのお膝元である兵庫県の5スキー場で利用可能なシーズン券が「兵庫5」。こちらも昨シーズンの4スキー場から神鍋高原万場スキー場が加わり、5スキー場での利用が可能です。料金は、7月1日から8月31日までの超早割期間の購入で大人が29,800円、小学生以下の子どもが15,300円となっています。9月1日から11月30日までは早割期間となり、大人が32,800円、子どもが15,800円となっています。12月以降は通常料金にて販売されます。地元割が設定されており、穴栗市、養父市、豊岡市、香美町に住んでいる場合は、シーズン券が2,000円引きで購入できます。

兵庫5シーズン券 利用可能スキー場一覧

  • ばんしゅう戸倉スノーパーク
  • ちくさ高原スキー場
  • おじろスキー場
  • 氷ノ山国際スキー場
  • 神鍋高原万場スキー場

マックアース兵庫5 共通シーズン券