へんてこな形だけど、究極のバックカントリーヘルメット「Aeros Backcountry Helmet」

スポンサーリンク

バックカントリーで一番怖いのは雪崩ですね。



そんな雪崩に会った時に威力を発揮する究極のヘルメットのコンセプトが公開されています。


 
のっけからスキーヤーが雪崩に巻き込まれるショッキングな映像で始まります。そして、「雪崩での死因のほとんどが窒息死です」とのテロップ。

さらに、雪崩に巻き込まれてしまう人目線の映像というさらにショッキングな映像が続きます。完全に埋もれてしまいました。この人がどうなったかが心配です。そして、「雪に埋もれたあ後、15分後の生存確率は10%」というテロップが追い打ちをかけます。

で、登場したのがこのヘルメットです。

aeros

何と空気を送る機能を持っています。

このヘルメットを装着することで、35分程埋もれた状態でも呼吸ができ、生存できるとのことです。

どう見てもトランスフォーマーにしか見えませんが、安心してバックカントリーを楽しみたい人はぜひ装着すべきです。

ちなみにまだコンセプト段階のようで、発売はもう少し後になりそうですと付け加えておきます。