世界初の大技で角野友基選手が優勝「Air + Style LA」ハイライト

スポンサーリンク

鳥肌ものでしたね。



ロサンゼルスで開催されたビッグエアコンテスト「Air + Style」 のハイライトムービーが公開されています。

角野友基選手が世界初となる大技「Switch Backside Triple Cork 1620 Melon (スイッチバックサイドトリプルコーク1620)」 を決めて、ほぼ満点に近い95.26点で優勝しました。

5人で争われた決勝は世界トップレベルのライダーばかりですが、その猛者たちを抑えての優勝となりました。角野友基選手の「Air + Style」 優勝は、2012年に開催された北京大会以来となります。

「Air + Style」 のリザルトは以下の通り 

  1. 角野友基選手 95.26点
  2. セバスチャン・トータント(Sebastien Toutant) 70.13点
  3. スティーレ・サンドベック(Stale Sanbech) 65.65点
  4. マーク・マクモリス(Mark McMorris) 58.65点
  5. スヴェン ソーグレン(Sven Thorgren)  44.72点

この結果を受け、スティーレ・サンドベックが3戦の総合優勝に輝いています。

http://www.air-style.com/